スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

GLAY 15th Anniversary Special live2009 "the GREAT Vacation"

GLAY 15th Anniversary
Special live 2009
THE GREAT VACATION -ROCK DAY-

2009年8月15日
日産スタジアム


▼セットリスト

01.GREAT VACATION
02.LAYLA
03.GLOBAL COMMUNICATION
04.MERMAID
05.laotour〜震える拳が掴むもの〜
06.ROCK'N' ROLL SWINDLE
07.STREET LIFE
08.RUN
09.julia(TERU&TAKURO)
10.STARLESS NIGHT
11.THE BIRTHDAY GIRL
12.つづれ織り〜so far and yet so close〜
13.Synchronicity
14.I am xxx
15.HIGHCOMMUNICATION
16.VERB
17.ピーク果てしなくソウル限りなく
18.BEAUTIFUL DREAMER
19.SAY YOUR DREAM

EN
01.SHUTTER SPEEDSのテーマ
02.ACID HEAD


デビュー15周年を記念して日産スタジアムで行われた、GLAYのライブへ行ってきました。

この2日間のコンセプトは、「HOTEL GLAY」。
会場に入って目にしたステージに、思わず爆笑。
本当にね、ホテルなんですよ。ちょっと南国チックな。
上手側の頂上には、フルーツの盛り合わせ。
ところどころに大きなヤシの木オブジェ。
リ、リゾート地と化したライブ会場。

そしてこの日はA13ブロックでめちゃくちゃステージが近い。
久しぶりのこの距離感に興奮しつつ。

この日のオープニングは、ホテルのオープンイベントのような盛大なオープニング。
総勢80名の地元・横浜のマーチング・ブラスバンド“ヨコハマロビンズ”が『プロジェクトAのテーマ』を演奏。
そしてホテルの総支配人・TAKUROが、執事をしたがえて登場。
総支配人の挨拶から、ライブがスタート。


オープニング映像は、ホテル・GLAY従業員紹介VTRのような映像。
トランクを華麗に積み上げて、台車に載せ、シャーッと足をひっかけて飛び乗るHISASHI。ちょっとはにかんでる。
HISASHIが転がした台車がテーブルに激突。積み重なっていた食器が落ちて大破、するところを1枚だけ救出したTERU。
テーブルの上にのっていた蝋燭が転がり、カーテンに飛び火!それを消火器で華麗に消化。JIROさん。
総支配人のお仕事の様子。鳴り止まない大量の電話の受話器を取りまくり、「うがあー!!」となり投げ出す総支配人(TAKURO)。
4人の紹介が終わり、ロッカールーム。お着替えタイム。
HISASHIがいちいちおいしいところを持っていっている。
最後、HISASHIがテレビ(?)を消す仕草をして、映像が終了。メンバー登場!!


晴れた空の野外って、思い返すと初めてのような。
前回のEXPOは曇り空だったし、他のバンドの野外の時は雨降っていたし・・・。
こんなにも青空っていうシチュエーションに感動するって思ってもいなかった。

ROCKというテーマだったので、この日の衣装は全員黒を基調とした衣装。
TERUも頭盛っています。
JIROさんテラテラでキラキラなパンツ。
支配人はいつもどおりだ。
HISASHI・・・・・・・・・完全に2.5次元の人です。本当にありがとうございました。


2曲目のLAYLAで、TERUが目の前に。

私、だめなんです。
TERUさんだけは、近くで見ると、涙が出てくるんです。好きすぎて。
悲しいとか、嬉しいとか、そんな感情ではなくって
なんというか、神様を見たような感じ。
どことなく大げさな表現ですが、それ以外なんていったらいいのかわからない。
彼がそこにいて、私がここにいること、その現実が自分の中の全てが化学反応起こしたみたいな。


----------

まだ俺はやれるのさ かつてのように器用には
WOW うまく振る舞えないかもしれないけれど
諦めに舌を出し 消せないのなら戦おう
LIVE FOREVER
足の震えを隠し明日に挑むんだ


『LAYLA』 / GLAY

----------


ちょうどこの辺りを歌っていたとき。
口パクで歌詞を追いながらTERUを見ていたとき。
涙で前が見えなくなった。


GLAYのライブって大規模な会場が多くて、
運が悪ければ、会場に入れたとしてもメンバーは豆粒以下、豆粒の存在さえ確認できないときでさえある。
でもね、絶対、寂しくはないし、ここにいてよかったって思ってしまう。
来場するファンの数なんて関係なくって、溢れる愛情は満遍なくそこにいる人々に与えられている。


両日、juliaというインディーズ時代の曲が演奏された。
このjuliaは、RAIN(GLAYのデビュー曲)の原型にもなった曲。

TAKURO「みんなの知らない曲をやろうと思います。
この曲は、俺たちが東京へ出てきて2年、くらいの頃。
とりあえず、もっとたくさんの人に聞いてもらうためには音源を作らなくちゃいけないということで作ったデモテープに収録された曲なんですけど。
その当時GLAYを象徴するハードなナンバーを入れて、でもそこで何か足りないと感じて
『函館時代から本当にGLAYがやってきた音楽を入れたい』というのをTERUに話して。
最後の力を振り絞ってレコーディングしたのが、このjuliaという曲です。
この曲がレコード会社の人の耳に入り、デビューするきっかけにもなりました。
後にこの曲はタイトルが変わります。「RAIN」といいます。
デビューシングルにもなった曲です。
みんなと出会うことのきっかけとなった、奇跡の曲です。」

メロディーはRAINのそのもの。
TERUとTAKUROでアコギを弾いて、そこに優しいTERUの声が響く。
歌詞はRAINとはまた全然違って、でも今のGLAYの曲に溢れる優しさの原型がそこにはあって。
ただ、
『錆び付いたナイフを』という歌いだしに、どことなく時代を感じた。

 

始まって間もないMCでTERUは「まあ、最近は(TERU語録)出てないっちゅーの!!」なんて言っていましたが、
この日もしっかり頂きました。
昔、『人生、山はあっても谷はなし!』と豪語していたTERUですが。

『いや、山はあっても谷には気づかない!』ということに収まりました。
でかい男だよ本当に。谷なんてあってないようなものなのよね。きっと。

 

物凄く久しぶりに、「つづれ織り」を聞いた気がする。
04年のEXPOが終わって流れていた「つづれ織り」がすごく印象に残ってて、
夜空に淡々と流れてくるあのメロディーに、夏の終わりを感じて切なくなったのを思い出した。


----------

同じ空見上げるのにいつもと違ってる
いつの間に私たちはこんなに遠くへ
時として全てに弱気になる私を見つめていて


『つづれ織り〜so far and yet so close〜』 / GLAY

----------


この歌詞の時に、ぱっと上を見上げたら、放心しそうなくらい綺麗な夕暮れ。
青とオレンジの淡いグラデーション。ふわりと浮かぶ小さな白い雲。
こんなにも空を美しいものだと思ったこと、今までなかった気がする。
曲の歌詞とリンクして、色んな感情が渦巻いて、また目が熱くなった。


「Synchronicity」は6月に発売されたベストの3枚目に収録されているHISASHIの曲。
この日のHISASHIさんは前に書いたとおり、2.5次元だったのですが、
バックにはタイアップになっているゲームの映像。
なんかもう本当にHISASHIさん3次元から徐々に2次元に移行されていくんじゃないかと思った。
HISASHIデジタル化。アナログHISASHIは2011年までです。みたいな。


この日のラストに演奏されたのは「SAY YOUR DREAM」。
10分を越える、15周年の大作です。
今までのGLAYの、TAKUROさんの、気持ちがどかんと詰め込まれている曲。
ここまで詰め込むから、そりゃあ10分以上になっちゃうのかもしれない。
ライブで聴いたら、長いしだれるのかなあ・・・と正直思っていたのだけれど、とんでもない。
一言一言、噛み締めながら伝えていくTERUの歌。

バックスクリーンでは、デビュー当時(といっても95年くらい?)から現在までのダイジェスト映像。
無限のデジャブの時のオフショットとか。pure soulツアーとか。GLAY EXPOとか。
GLAYと一緒に歩き始めた01年から今までは、個人的に振り返るとあっという間で、意外と短いイメージなのだけれど。
こうやって映像を通して見ていると、とっても不思議な気分になった。
あらゆる苦労を乗り越えて、今もGLAYを続けてくれている彼らに感謝したくなった。


----------

眩しくて 優しくて 切なくて 温かい
恋しくて 愛しくて でもそれだけじゃない
苦しかった 悔しかった 悲しかった 若すぎた
その心励まして支え続けてくれたのは・・・ あなただから・・・

(中略)

世界の片隅であなたを抱き上げる
世界の片隅で私を見送って
世界の片隅であなたを育て上げた
世界の片隅で私を看取って

人はたくさんの涙に囲まれて独り天国へ行くけれど
どうか微笑んで今は泣かないでいて
生まれ変わる日にはまた逢えた嬉しさを
産声に変えて叫ぶから命の果てに祝福を

また必ず逢えるから泣かないで・・・


『SAY YOUR DREAM』 / GLAY

----------


『人は〜』からの流れ。
なんか、ばあちゃんのこと、ちょっとだけフラッシュバックして。
人の生きることとか、死ぬこととか
いっぱい考えて、答えなんてもちろん出るわけもなく。
今もまだ、消えないもやもやがたまに苦しいのだけれど。

『また必ず逢えるから』という言葉
なんの根拠も確証も、ないのだろうけど
少しだけ大丈夫なような気がして、涙を拭えることが出来た。


15年かけて築き上げてきた「今」を表現した、ライブでした。
最後に流れる、「LET ME BE」が本当に良い曲だったなあ。



「愛の歌」確かに届きました。

おはようございます

Image405.jpg
Rock Dayお疲れ様でした!

本日はLOVE Day!
愛し合いましょう!

SCUBER DIVE〜渋谷が大変〜2009


8月3日
SCUBER DIVE〜渋谷が大変〜
SHIBUYA O-EAST、WEST、Crest、nest、Duo、asia、VUENOS


▼見たバンド

アヲイ

ネガ

Arc

ジュリィー

Moran(途中退場)

Dali

Duel Jewel(途中入場)

12012

ヴァルナ

摩天楼オペラ

ヴィドール

ケミカルピクチャーズ(途中入場)


渋谷O-EAST付近に到着、まずはそのスタッフと警備員の多さにびっくり。
全然浪花が大変と違うなーと。その割には浪花のほうが引き換え所が大きくて広いような。


まずはasiaにアヲイを見に行きました。
昨年のライカエジソンの対盤で見た以来です。
オトギさんのデスボイスが聞いてて気持ちがいいので好き。
ステージングも奇妙で非常に見ていて飽きない感じでした。
白いコンタクトで不気味さ満点。それで微笑まれたらこっちは引き攣る。
その容姿を見ていたらどことなく数年前のD'espairs Rayの歪氏を思い出した。
似てるとかじゃなく、なんとなくね・・・!


ネガ!1月のワンマンぶりです。
やっぱり私はワンマンのほうが好きだなあと思ってしまう。
対盤ではいまいちネガの良さを発揮できていないような・・・・。
ネガの世界観とか、楽曲のよさとか、もっともっとたくさんあると思うんだけれど・・・。
私自身もっと修行が必要かもしれないんですけれども。


Arcといえば、アヲイの時に上手側の楽屋通路の窓から歯磨きしながら覗いていたKO〜JIが強烈すぎた。
見えてるから!客席から丸見えだから!カレーだったから?(この日のケータリングはカレーという噂)
相変わらずArcは楽しいですね。
っていうかKO〜JIが上手いなあって。歌っていうより、なんていうかボーカリストとしてステージで表現することというか。会場をぐいぐいって盛り上げてくれるというか。
「Calculation女神」の時に、隣のおねえさんにいきなり手を握られてフリフリされてびっくりした。でも楽しかった。


ジュリィーは浪花が大変以来です。
暑苦しいんだけどそれが押し付けがましくなくって、あったかい気持ちになるライブをしてくれます。
ジュリィーのみんなもファンのみんなも、すっごい楽しそう。

杏太「ジュリィーを見に来てくれた人も、ただなんとなくここにいる人も・・・」

慎一郎「え?それちょっと失礼じゃない?(笑)」

杏太「いやいや、おれはそういう人たちが本当に嬉しいんだよ。偶然でもここに居ておれたちを見てくれてるってことが。」

* 

慎一郎「おれたちのライブのノリなんて簡単です。手を叩いたり、ジャンプしたり、それでOKなんで。もし一緒に楽しみたいなって思ってくれる人が居たら、ピンヒとか履いてたら脱いじゃって、危ないものとか全部取っちゃって、それでみんなで楽しもう!ジャンプも、今みんな疲れてたりとかさ、目当てのバンドまで体力とっておきたいとかあると思うから、出来なかったら屈伸でいいから!(笑)屈伸でも、こっち(ステージ)から見たらジャンプしてるみたいに見えるからさ!それでおれたち勝手にテンションあがるから!(笑)できないひとは屈伸で参加してください!」

すっごく楽しい空間でした。
ヴィジュアル系というジャンルっぽくなくなってきているように見える彼らですが。
そんなことさえどうでもよくなるような、熱いライブでした。


引き続きDuoにてMoran。
Moranの現在のサポートベーシストってex.SugarのShingoさんなのですね・・・。
どこかで見たことある顔だなあっていうのと、異常にベース(音)が目立っていてすごく気になっていたのですが。
HitomiさんそっちのけでShingoさんばっか見ていた気がする・・・。
「Party Monster」、「今夜、月のない海岸で」、「LOSERS'THEATER」等をやっていました。
途中退場。


間違えてEASTへ入ってしまったりしてなんとか辿り着いたCrest。
5階までの階段はつらい。暑い。
Daliです。イタミワケと「T」rushでひたすらもくもくと暴れてきました。
苓さんがいつもより口が大人しくて残念でした。
気持ち悪さがいつもの半分くらいしかないよ!ガッカリだよ!
東京だといつもあれくらいの大人しさなのでしょうか・・・?
ほら、ティッシュとか撒いてなかったし・・・。
「T」rushで客席にいつもどおり降りたと思ったら、お客さんのカバンを「拾ったー☆☆☆(可愛く)」と盗んd(ry拾ってきちゃったりとか。
楽しかったです。何も変わっていないDaliに一安心・・・・していいのかな。


今度こそEASTへ。
Duel Jewel途中入場。
Duel Jewelも元々すごく好きなんですけれど、それ以上にファンの方々が本当好きです。
あの暴れっぷりがいつ見ても素晴らしくって、見ているこっちがテンション上がります。
フロアの8割以上がヘドバンしてるあの光景は圧巻。
祐弥さんのワキネタは健在ということがわかって安心。(?)


お久しぶり12012。
Heart、[6]Party、サイクロンなどをやられておりました。
何故かテンションあがって[6]Partyで暴れ倒す。
・・・色々あってうっかり須賀数子になりたい症候群が復活するところだった。
でもなんか、見るたびに12012がまた好きになれている気がする。良い傾向。


ヴァルナは申し訳ないですがほとんど見ていないです。
曲は聴いてましたよ、曲は・・・。疲れていてステージ見てる元気がありませんでした。


摩天楼オペラです。
あまり書くといらんことばかり書いてしまいそうなので自重。
曲は好き。でもライブは未だに楽しみ方がわからないバンドです・・・。
苑さんの歌はすごく好きなんだけれど。好きなんだけれどね。


街に舞ったヴィドール。

▼セットリスト
1.人魚
2.きらきらぼし〜Wish on a star〜
3.NAUSEA
4.Focus
5.尖る愛
6.Love affiar
7.Cryptic Tokyo

なにこの新曲ばっかりのセトリ(笑)
というか、人魚とCryptic Tokyoの順番に少々違和感・・・。
とりあえず暴れなきゃ始まらないので暴れておきました。
きらきらぼしやったのは少しびっくり。
「NAUSEA」、「尖る愛」、「Love affiar」あたりはこれからも定番になっていく予感。
「At age 13」や「Lost voice」は影を潜めていく予感(笑)


そしてWESTトリのケミカルピクチャーズを見にとんで行きました。
入ってスペースのあった下手に落ち着き、顔を上げた瞬間にJoeの顔があってめちゃくちゃびっくりしました。インパクトありすぎて・・・!
初めて見る生のてんてんに不思議な感覚と気持ちになる。
ジミーがなんていうかもう完璧なくらいかっこよすぎて鼻血でそうになった。
シュバルツさんは上手ギタリスト!って感じの雰囲気だった。

なんていうか、もう、本当に、見れて良かったと、このバンド見れてよかったと心の底から思いました。
上手く言葉に出来ないんだけれど、本当にカッコイイし、見たことがないようなバンドでした。
あの雰囲気とか空間、なんなの。あんなもん見せられたら惚れてまうやろ。

てんてんが

「まだCDも出してないおれたちを見に来てくれたオマエらは、本当に音楽が好きなんだよな!!音楽が、好きなんだよな!!!」

って叫んでて、思わず涙が出そうになった。
よくわかんないんだけど、そのくらいの衝撃というかなんというか。

「渋谷に集った弱者よ、立ち上がれ!!!」

と始まった「スタンドバイミー」。
うわああああああ!!!(言葉に出来ない衝動)
よくわかんないなりに歌ってみた。
スタンドバイミー♪以外の歌詞わからないけど「ラララ」でもいいよっててんてんが言ったから歌ってみた。

早くCD欲しくてたまらないんだけれども。
ライブに当分行けない気がするのが死ぬほど狂おしいのだけれども。

ケミカルピクチャーズから目が離せません。


あと人格ラヂオワンマン「お寺が大変!」の追加情報が気になります。

ポメラが届いたよ!


ついにポメラ降臨!
念願の赤ポメラさんです。うわーい!





思っていたよりすごくビビットで可愛い赤です。
さっそく開いてみました。





想像以上によくできているキーボード!
PCレベルとまではいかないものの、十分打ちやすいです。

早速ポメポメしてみて、テンションの高い文章がこちら。




----------------- こ こ か ら --------------------


ポメラさんテスト!!
赤だよ赤うわああああすげええほんとにキーボードついてる!!
しかも思っていたより打ちやすい!
これは重宝しそうなヨカーン!どうやって保存するんだろう、え、っていうか単四電池を発見したのが奇跡としかいいようがない。ポメポメ。待ちに待ったよ!!
街に舞った夢〜あまあまーいお菓子♪
ドックンドクンとーびだしそうー♪
これで携帯でぽちぽちめんどい日々とはおさらばよ!あっはっはっはっはー!!!!
個人的にはバックスペースキーが遠いな・・・。
まあメモだからそれは仕方ないか。
これはいいぞ、いいぞー!!!


----------------- こ こ ま で ---------------------




うわあ、バカっぽい・・・!

毎日ポメポメできたらしていき、溜まったらログとしてblogに投下できそうなものだけ投下していこうかと考え中です。ポメポメが楽しすぎる!ポメラーです。ポメラニアンです。


ケースを買おうか考え中です。
可愛いの、あるのかしら・・・
それとも普通のポーチとかにしておくべきか。

仙台!

Image392.jpg
仙台へ来ています!

今日は宇宙戦隊NOIZです。
PROFILE
SELECTED ENTRIES
Twitter
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
RECOMMEND
{amazon_ProductName
I.M.P / 宇宙戦隊NOIZ
{amazon_ProductName
LOVE. / 東京ミカエル。
{amazon_ProductName
ザ・ベリー ベスト オブ 東京ミカエル。 / 東京ミカエル。
{amazon_ProductName
LAST ONEMAN LIVE 『僕から君に贈る唄』2011.2.28 Shibuya O-WEST [DVD] / 東京ミカエル。
{amazon_ProductName
BEST(初回限定盤)(DVD付) / ヴィドール
{amazon_ProductName
GLAY(初回限定盤)(DVD付) / GLAY
{amazon_ProductName
Crescent gazer / ヴィドール
{amazon_ProductName
Crescent gazer(初回限定盤)(DVD付) / ヴィドール
{amazon_ProductName
TAKUI NAKAJIMA Anniversary 1999-2008 BEST YOURS / 中島卓偉
LINKS
OTHER